オキナワの火の用心であるシーサー

沖縄を訪れると、必ずシーサーを目にすると思います。

行く先々で様々なシーサーが出迎えてくれるのではないでしょうか。

自分用にシーサーを購入したり、沖縄土産にいただいた、という人も居るかもしれませんね。

沖縄のシーサーとは、伝説の獣とされていて、家や村、集落を災いから守ってくれる守り神の事です。

名前は、獅子を沖縄の方言で言ったものです。

口を開けているシーサーと、口を閉じているシーサーがいて、二対で一組となっています。

この口の開閉は阿吽を表しています。

口の開いているシーサーは、福を呼び込む雌と考えられていて、口を閉じているシーサーは雄で、あらゆる災難を家に入れない、という意味が込められているそうという説があります。

置き方は、口の開いたシーサーが向かって右側で、口を閉じているシーサーが向かって左側に置くのが正しい置き方です。

シーサーは、現在では、沖縄県を象徴するものとして、お土産品などにもなり、沖縄県外に住む人にとってもなじみ深い物になりましたよね。

シーサーは、単なる魔除けや、福を招くものだけでなく、実は、古くからの歴史あるもの。

シーサーの歴史を知って、深くシーサーについて知ることで、沖縄を訪れるのがもっと楽しくなるかもしれませんよ。

sitetop

沖縄のシーサーについて知りたい!

沖縄といえばシーサー。

沖縄県内どこにいってもシーサーを目にします。

お土産グッズにもシーサーをモチーフにしたものはたくさんありますよね。

でも、シーサーが何者なのか知らない人も多いのではないでしょうか。

シーサーは、動物ではなく伝説の獣とのことです。

屋根の上などに置かれることが多く、家や人、村などを、悪霊から追い払ってくれるとして、魔除けで使われているそうです。

シーサーは、守り神だったんですね。

福を呼ぶ縁起物としても飾られることもあるみたいですよ。

シーサーという名前は、獅子からきていて、獅子を沖縄の方言で言うと、シーサーになるんだとか。

確かに、獅子舞の顔に良く似ていますよね。

獅子文化は、中国から伝来したものですが、シーサーの起源はエジプトのスフィンクス像であるという説もあり、沖縄が、色々な国の文化の影響を受けていたことが分かります。

シーサーは、二体でひとつのもので、口の開いたシーサーと、口の閉じたシーサーがいます。

これは、阿吽を表していて、寺院や神社などでよく見られる狛犬と通ずるところがありますよね。

狛犬も、犬ではなく、獅子や犬をモデルとした想像上の生物のようですから、シーサーと似ています。

シーサーも狛犬と同じように、口の開いたシーサーを右側に、口の閉じたシーサーを左側に置きます。

また、一般的に口の開いたシーサーは雌で、口を閉じたシーサーは雄と決まっているようで、シーサーに雄雌があるなんて、ちょっと驚きですよね。

シーサーは、作る材料や、飾る目的によって、いくつかの種類に分けられます。

首里城の歓会門前に復元されたシーサーは、宮獅子と呼ばれ、魔除けよりも権威の象徴として置かれるもので、彫刻技術も高く、一種の芸術品ともいえます。

村落獅子と呼ばれるシーサーは、悪霊の侵入や火難を防ぐため、集落の入口などに置かれます。

石でできていることが多くシーサーが民間に普及したのは、村落獅子が始まりだそうです。

村落獅子が、個人の家々で置かれるようになってからは、赤瓦でできた家獅子が作られるようになりました。

明治以降、家獅子は広まり、屋根や、門、床の間などに置かれてきました。

個人宅への普及とともに、赤瓦で作られた赤焼のシーサー、上薬をかけて焼く、黄金色の上焼のシーサー、漆喰で作られたシーサーなど、様々なシーサーが誕生しました。

表情や見た目も、厳格な雰囲気の獅子像の物から、少し穏やかな親しみやすいものまでいろいろありますよね。

沖縄を訪れる際には、個性あふれる様々なシーサーに注目してみて下さい。

お土産店で気に入ったシーサーに出あえたら、是非、守り神として購入してみてはいかがでしょうか。

 

【広告】 今後の展開にも期待がモテる沖縄メンズエステへのご用命などのお問い合わせは【よるぷり沖縄】へアクセスしてみて下さいね。